洋服・化粧品等の購入やインプラント手術による約450万円の負債を0円にした事例

事案の概要

8年前、Aさんは親元を離れ上京し、飲食系のアルバイトで生計を立てるようになりました。

しばらくして、Aさんはアルバイトから正社員雇用となりました。勤務時間や作業量も増えたことから自炊する気力がなくなり、7年ほど前から食事は専らコンビニか外食となりました。また、同時期からストレス発散を目的として、洋服や化粧品等の購入も行なうようになりました。これらに対する費消はAさんの収入の範囲を超えるものであり、Aさんはこれらをクレジット払い(リボ払い)で支払っていたため、以降負債が増えることとなりました。

また、その後も、引越しや歯のインプラント手術のために借入を行なっており、負債は増加の一途を辿りました。

1年前、コロナの影響で収入が減ったこともあり、返済に窮するようになったAさんは、生活の再建を図るため、当事務所に相談されました。

なお、相談された時点での負債総額は約450万円でした。

解決までの流れ

担当弁護士が、Aさんから事情を確認したところ、①収入状況からみて450万円を分割で返済することは現実的ではないこと、②高額な資産等を有していなかったこと、が判明しました。

担当弁護士は、Aさんに破産手続きで解決することを推奨し、Aさんはこれに同意されました。

コメント

Aさんが負債を増やした要因に、買い物(洋服や化粧品等)やインプラント手術といった収入に見合わない過大な支出、すなわち浪費がございました。

免責不許可事由に該当する行為ではありますが、浪費をしてしまった過去を猛省していること、現在は浪費を止めていること、をしっかりと説明した結果、裁量免責という形で免責を得ることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。