貞操権侵害を理由に300万円の慰謝料を請求されたが220万円の減額に成功した事例

事案の概要

Aさんは既婚者であることを隠してマッチングアプリで知り合った女性と交際していました。ある日、Aさんの自宅に女性の代理人弁護士から催告書が届き、慰謝料300万円の支払を請求されました。Aさんは嘘ついて交際していたことを認めていましたが、突然の慰謝料請求に困惑し、当事務所の弁護士にご相談くださいました。

解決までの流れ

Aさんは、5年以上妻子と不仲で家庭内に居場所がない状態が続いていました。Aさんは、アプリで知り合った女性に心から惹かれていて、いずれは妻と離婚してその女性と一緒になりたいと考えていました。今回、その女性との関係が終わるだけでなく、女性から慰謝料を請求されることになってしまい、Aさんとしても苦しい思いをお持ちでした。

ご依頼いただいた後、当事務所の弁護士は相手方の代理人と交渉を始めました。弁護士は、Aさんの気持ちを隠すことなく伝え、誠意を持って交渉に臨みました。交渉の結果、80万円で和解が成立し、Aさんは直筆の謝罪文を女性に交付しました。

コメント

貞操権侵害などの男女トラブルでは、後に遺恨を残すことなく解決することが重要です。慰謝料の金額の交渉だけでなく、例えば謝罪文を交付したり、お互い誹謗中傷しないことを約束したりして、誠意をもって交渉に臨む必要があります。男女トラブルでお困りの方は、当事務所までご相談ください。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。