会社から不当利得返還請求訴訟を起こされた依頼者が、請求金額から大幅に減額した金額で和解できた事例

事案の概要

Xさんは、Y社に勤務していました。

勤務中、Y社から、合計233万円をボーナスとして支給されましたが、退職後、Y社から、Xさんがボーナスを不正に受給したとして、不当利得返還請求訴訟を起こされました。

困ったXさんが、当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

Y社の言い分は、社内でボーナスの支給基準を定めていたところ、Xさんが不正にこの基準を充たしたように偽った。Xさんは、Y社からの聴取に対し、不正を認める書面にサインした、というものでした。

Xさんが書面にサインしたことは事実であるものの、Y社の上司に書かされたものであり、真意ではありませんでした。

しかし、Y社の上司以外にXさんが書面を書かされた場面に立ち会った者もおらず、録音もありませんでした。

そのため、当事務所の弁護士は、そもそもY社には正規のボーナスの支給基準などなく、Xさんが不正にボーナスを受給する動機がないこと等を主張し、Xさんの有利となる証拠を集め、裁判所に提出しました。

そうした甲斐もあり、請求金額から50%以上減額した、100万円で和解をすることになりました。

コメント

ちょっとしたことから勤務先と金銭上のトラブルになることがあります。人事権等を持つ勤務先の方が立場が強く、従業員の側からすれば、言いなりになってしまう場面も多いです。

そうしたとき、弁護士に依頼することで、自身の状況を的確に把握することができますし、冷静に次の一手を打つことができます。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。