不貞慰謝料70万円を獲得した事例

事案の概要

Xさんは、夫であるAさんが、会社の同僚のYさんと不貞をしていたことを知りました。Xさんは、Yさんに対して慰謝料を請求したいと考え、当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

当事務所の弁護士は、すぐにYさんと連絡を取りました。Yさんが代理人の弁護士を付けたため、当事務所の弁護士は、Yさんの代理人に対し、XさんとAさんの夫婦関係が良好であったことや幼い子どもがいたこと、不貞期間が長く、現在もAさんとYさんが連絡を取っていること等から、不貞行為の悪質性が高いことを主張しました。

Yさんは、一部について否定をしていましたが、交渉の結果、Yさんは、Aさんに対する求償権を放棄した上で、慰謝料として70万円を支払うことで和解に応じました。

コメント

夫に不貞をされてしまった時、不貞相手に対して慰謝料を請求したくなるのは当然のことだと思います。

そうした時、弁護士を間に入れることで、直接相手とやり取りをする必要がなくなりますし、適宜アドバイスを受けながら、法律上、適正な金額を相手に提示することでき、早期解決が可能になります。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。