慰謝料200万円の減額に成功した事例

事案の概要

Aさんは既婚者であることを隠して独身と偽りながらSNSで知り合った女性と交際していました。ある日、Aさんの自宅に女性の代理人弁護士から内容証明郵便が届き、慰謝料200万円と女性がAさんと暮らすために借りた自宅の賃料100万円の支払を請求されました。Aさんは嘘ついて交際していたことを認めていましたが、突然の慰謝料請求と、相手女性から報復されることを恐れて、当事務所の弁護士にご相談くださいました。

解決までの流れ

当事務所の弁護士がAさんから事情を聞いたところ、Aさんが責任を免れることは困難なケースと判断しましたので、慰謝料等の減額交渉をすることにしました。また、今後、女性から会社や家族にバラされる等の報復を心配していたAさんは、穏便に解決することを希望していましたので、将来の接触禁止について合意できるよう、女性の代理人と交渉しました。

当初、女性の被害感情が強く、なかなか妥結することが出来ませんでしたが、交渉の過程でAさんの謝罪の意思を伝えることで、女性の譲歩を引き出すことができました。その後も粘り強く交渉したところ、最終的には、100万円を支払い、今後の接触を禁止することで、無事、和解をすることができました。

コメント

貞操権侵害などの男女トラブルでは、後に遺恨を残すことなく解決することが重要です。慰謝料の金額の交渉だけでなく、例えば謝罪文を交付したり、お互い誹謗中傷しないことを約束したりして、誠意をもって交渉に臨む必要があります。男女トラブルでお困りの方は、当事務所までご相談ください。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。