不貞慰謝料請求をされ、30万円の和解で解決した事例

事案の概要

男性のXさんは、女性のAさんと性的関係はないものの、かなり親しい友人関係でした。ある日、Aさんの配偶者であるYさんから電話があり、300万円の不貞慰謝料を請求されました。そこで、Xさんは、弊所に相談に来られ、Yさんとの和解交渉を依頼されました。

解決までの流れ

受任後、弊所の弁護士は、Xさんから、Aさんとの関係性について、詳細に聴き取りました。また、Xさんには妻子がいたため、この件について、家族に知られないよう穏便に解決することを希望していました。

そして、弊所の弁護士は、Yさんに架電し、XさんとAさんとの間に不貞関係はないことを説明し、話し合いで解決したいことを伝えました。Yさんは、不貞関係がないことに納得がいかない様子でしたが、その後も弊所の弁護士はYさんとの交渉を重ねました。

結果的に、誤解を招くような親しい友人にあったことについて、XさんがYさんに対して、30万円を支払うという内容の和解が成立しました。

コメント

不貞慰謝料請求の事案では、不貞関係のあるなしにかかわらず、当事者が感情的になり、当事者同士の話し合いで解決することは困難な場合が多いです。また、かなり高額な慰謝料を請求される場合がほとんどです。

そのため、適切な解決のために弁護士に依頼されることをおすすめします。不貞慰謝料を請求された方は一度弁護士にご相談ください。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。