不貞慰謝料を請求されたが270万円の減額の成功した事例

事案の概要

AさんはSNSで知り合った女性と不倫関係にありました。ある日、Aさんの自宅に不倫相手の夫の代理人弁護士から内容証明郵便が届き、慰謝料300万円の支払を請求されました。Aさんは不倫関係を認めていましたが、高額な慰謝料の請求に困惑してしまい、当事務所の弁護士にご相談くださいました。

解決までの流れ

Aさんは、高額な慰謝料の減額を希望されていました。

ご依頼後、すぐに弁護士は相手方の代理人と交渉を始めました。弁護士は相手方夫婦の関係が破綻したわけではないこと、不貞の回数が1回であり、その態様も悪質とはいえないこと、過去の裁判事例における相場などを理由に、減額を求めました。また、不倫相手の女性に対する求償権を放棄することを条件として提示し、慰謝料の減額を求めました。当事者のメール等を証拠として開示して、粘り強く交渉したところ、慰謝料30万円を支払うことで和解をすることができました。その後、和解契約書を交わし、和解金を支払うことで無事に解決することができました。

コメント

今回のように慰謝料を請求された際に、相手方に弁護士が付いていると言いくるめられて交渉に応じてしまい、高額な慰謝料を支払うことで合意してしまう場合があります。弁護士にご依頼いただければ、依頼者の方のご希望を聞きながら、適正な慰謝料での解決を目指して粘り強く交渉を重ねます。請求する方もされる方も、慰謝料の金額に疑問をお持ちの方は当事務所にご相談ください。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。