不貞行為をした夫の相手方女性に対し慰謝料を請求した事例

事案の概要

Aさんの夫であるBさんは派遣社員として働いていましたが、派遣先のCさん(独身女性)と親しくなり、不貞行為に及びました。ある夜、Aさんが出張先から自宅に戻るとBさんとCさんがいました。Cさんは、Bさんが結婚しているとは知らなかったと弁解しました。約1か月後、Bさんは自宅を出て別居を開始しました。まもなくBさんはCさんと同棲を始めました。

ショックを受けたAさんは、Cさんに慰謝料を請求したいと当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

早速、Cさんに対し慰謝料200万円を請求する内容証明郵便を送付したところ、Cさんの代理人から、CさんはBさんが離婚したと思っていたという弁解とともに、和解金20万円を支払うという回答がきました。これでは交渉にならないので訴訟を提起しました。訴訟では、当方は不貞の事実だけでなく、CさんはAさんが離婚していないことを明確に認識していたという事実の立証に力を注ぎました。裁判所は100万円一括払いでの和解を提案し、双方がこれを応諾して和解が成立しました。

コメント

本件では、AさんとBさんの自宅を訪れていながらBさんが結婚しているとは知らなかったとか、Bさんの言葉を信じてBさんは離婚したと思っていたなど、Cさんの弁解は不自然でした。裁判所もこの不自然さから、当方に有利な心証を抱いたのだと思います。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。