不貞慰謝料を50万円減額できた事例

事案の概要

Y(独身・女性)さんは、Aさん(既婚・男性)と2年間不貞関係にありました。不貞の事実を知ったXさん(Aさんの妻)がAさんと離婚後、弁護士を通じてYさんに対して200万円の慰謝料請求をしてきたため、困ったYさんが当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

当事務所の弁護士は、Yさんから不貞の事実関係について詳細な聞き取りを行いました。弁護士はYさんから聞き取った内容を踏まえ、類似の裁判例も摘示しながら、Xさんの弁護士と交渉を行いました。

話し合いを重ねる中で、YさんがXさんに対して150万円を支払う内容の和解が成立しました。

コメント

本件は、不貞の内容からすればもう少し減額できてもおかしくない事案でした。

しかし、訴訟を回避し、早期解決を希望するYさんの意向を反映させる形で和解に応じることになりました。

不貞慰謝料請求事件はある程度類型化して処理がされる分野ですが、個別の事件によって取りうる選択肢は変わってきます。

Yさんは当事務所の弁護士に依頼することで、冷静に、自身にとってベストな選択肢を取ることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。