不貞相手から慰謝料120万円を獲得した事例

事案の概要

Aさんは、数か月前から夫の挙動に不信を抱いていました。ある日、Aさんが夫のスマートフォンを覗き見したところ、LINEのやり取りから夫が見知らぬ女性と不倫していることが判明しました。Aさんは夫との離婚は考えていないものの、不倫相手のことを許せないと怒りを感じたため、慰謝料を請求することにして、当事務所にご相談くださいました。

解決までの流れ

弁護士は早速、不倫相手に内容証明郵便を送り、慰謝料を請求しました。すると、不倫相手は不倫の事実を認めましたが、夫の方から積極的に誘ってきたなどと言い、夫の方に大きな責任があると反論しました。弁護士は、夫の責任はAさんと関係がないことを説明し、強気の姿勢で交渉を進めました。何度か交渉を重ねた結果、不倫相手は慰謝料120万円をAさんに支払うことに応じ、無事、合意書を取り交わすことができました。

コメント

今回のように不貞発覚後も配偶者とは離婚せず、不倫相手だけに慰謝料を請求したいと考えている方は多くいらっしゃいます。不貞慰謝料の金額は、婚姻期間の長さや不貞の態様など、様々な事情を考慮して判断されます。不倫相手から予期せず反論を受けることもありますので、不貞慰謝料の請求をお考えの方は、専門家である弁護士の助言を受けることをお勧めします。まずは当事務所までご相談ください。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。