離婚に応じる対価として多額の慰謝料を要求する夫と無条件で協議離婚を成立させた事例

事案の概要

Aさんは20年以上連れ添った夫と離婚したいと考えていました。Aさんが離婚を希望する理由は夫との喧嘩です。

Aさんは何度か夫と離婚に向けた話し合いを重ねましたが、夫はAさんに相場よりも高い慰謝料や財産分与を支払うよう要求しており、なかなか協議が進展しない状況でした。

Aさんは自分一人では夫との離婚協議をまとめることが出来ないと感じ、当事務所に相談しました。

解決までの流れ

Aさんが離婚を希望する理由は夫との性格の不一致でしたので、法律上の離婚事由には該当しません。

弁護士は、訴訟を提起するよりも話し合いで解決すべきと判断しましたので、夫と直接面談し、離婚の意向と希望条件について協議しました。夫はAさんとの離婚は避けられないとの認識を持ちつつも、自分だけに非があることを前提に離婚協議が進むことが納得出来ない様子でした。弁護士は必要であれば夫からもAさんに対する不満や愚痴を聞き、可能な限り、夫婦間のすれ違いを解消するよう努めました。次第に夫は弁護士に心を開くようになり、自らにも非があることを認めるようになりました。

最終的に、夫はすでにAさんから交付を受けていた財産分与の50万円だけを受け取るという条件で離婚に応じる意向を決め、双方、今後は互いに干渉しないことを約束して離婚協議書を締結しました。その後、Aさんは離婚届を役所に提出し、無事、離婚が成立しました。

コメント

離婚事件では必ずしも法定の離婚事由が存在するとは限りません。

法定の離婚事由がない場合、相手方の同意がないと離婚を成立させることは難しいです。

本件のように離婚協議がまとまらない場合、弁護士等の第三者が間に入ることで協議が進展するようになることがあります。
離婚をお考えの方は、一度、当事務所にご相談ください。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。