10年以上にわたって未払が累積した養育費について、減額をする和解が成立した事例

事案の概要

Aさんは、10数年前にBさんと離婚し、子の親権者はBさんとし、AさんはBさんに養育費として月8万円を支払うという協議を成立させて公正証書を作成しました。しかし、この金額は負担が重く、Aさんは支払を一部延滞するようになりました。10年余りの間に不足額は300万円を超えました。

そのような中、Aさんの許へBさんの代理人から、不足額全額と残存期間分の全額を一括して支払うよう求める内容証明が届きました。Aさんは途方に暮れて当事務所を訪問されました。

解決までの流れ

当事務所はBさんの代理人に対して、不足額の一部を一括して支払う内容の和解を提案しました。これに対するBさんの代理人の要求は、未払額総額一括支払と残存期間分の継続支払でした。当事務所は重ねて減額を申し入れ、交渉の結果100万円を一括支払、残存期間分を1年延長して支払うという内容で和解が成立しました。

コメント

この事案の遠因は、(Aさんの不払を正当化するわけではありませんが)もともと離婚時の協議の中でAさんが過大な養育費支払を引き受けたこと、公正証書を作成したことにあります。Bさんに譲歩してもらうためには、相当額の一括払いを提示する必要がありました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。