婚約破棄の慰謝料を80万円獲得した事例

事案の概要

Xさん(女性)は、Yさん(男性)と数年間にわたる同居を伴う交際の後、Yさんからプロポーズを受けました。しかし、Xさんはある日突然Yさんから別れを告げられました。不審に思ったXさんが調べてみると、YさんはXさんと交際中、Aさん(女性)と浮気をしていたことが発覚しました。

Yさんに慰謝料を請求したいと考えたXさんが、当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

当事務所の弁護士はXさんからYさんとの出会いから現在までの関係性について、詳細な聞き取りを行いました。

聞き取りの結果、Yさんが浮気をした当時、婚約は解消されておらずYさんの言動は婚約破棄に当たると考えた弁護士はすぐにYさんに対して慰謝料を請求しました。

Yさんも弁護士に依頼し、YさんはAさんとの関係を持った当時、既に婚約は解消されているとの主張をしてきました。

当事務所の弁護士はXさんとYさんとのやり取り等の証拠を示し、婚約は解消されていなかったことを強く主張し続けました。

話し合いを重ねる中で、YさんがXさんに対して80万円の慰謝料を支払う内容の和解が成立しました。

コメント

婚約破棄の事例はそもそも自分の事例が婚約破棄と評価されるものなのか、評価されたとして慰謝料をどのくらい請求できるのか、請求できるとしてどのように請求したら良いのか等、不明点が多くある領域です。

弁護士に依頼することでこのような不明点を解消できるだけではなく、適宜、適切なサポートを受けることが可能になります。

Xさんは当事務所の弁護士に依頼することで、満足する結果を得ることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。