業務委託料の支払を受けることができた事例

事案の概要

Xさんは、Y社と業務委託契約を結び、実際に業務を遂行しました。

しかし、XさんがY社に対して業務委託料を請求したところ、支払を拒否されてしまいました。
困ったXさんが当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

当事務所の弁護士は、Xさんから業務委託契約を締結した経緯を聴き取りました。そうしたところ、業界の慣行上、XさんとY社との間には契約書がないことがわかりました。

Xさんは弱い立場でしたが、訴訟も提起した上、Xさんの業務内容等について粘り強く主張し続けた結果、Y社がXさんに対して業務委託料の一部を支払う内容の和解が成立しました。

コメント

本件では契約書がなかったことから、判決まで行けば、Xさんが取得できる業務委託料は0になる可能性が高い状況でした。
そうした状況でもきちんと主張すべき点を主張することで、当方に有利な和解に持ち込むことが可能になります。

Xさんは当事務所に依頼することで、満足する結果を得ることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。