痴漢事件で逮捕された被疑者が、早期に身柄を解放され、日常を取り戻した事例

事案の概要

会社員のXさんが、帰宅途中の電車内で、女性の下半身を触ったとして逮捕されました。

逮捕翌日、警察からの連絡を受けたXさんのご家族が、当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

受任後すぐ、当事務所の弁護士は、Xさんが留置されている警察署に行き、Xさんから逮捕までの経緯を聞き取った上、Xさんが置かれている状況や、今後の流れについて丁寧に説明をしました。その上で、Xさんのご家族のご意向も踏まえ、Xさんとともに、今後の弁護活動の方向性を決めました。

その後、すぐに弁護士は、Xさんに罪証隠滅のおそれや、逃亡のおそれがないことを記載した意見書を検察官に対して提出し、勾留請求をしないように要請しました。

その甲斐あり、検察官はXさんに対する勾留請求をせず、Xさんは逮捕から2日後にご家族の元へ帰ることができました。

その後、弁護士は、被害者の方と連絡を取り、真摯にやりとりをする中で、示談をすることができました。

その結果、検察官はXさんを不起訴としました。

コメント

痴漢事件で逮捕された場合に重要なことは、早期の身柄解放と、日常を取り戻すことです。

Xさんは、当事務所の弁護士を活用することで、早期に身柄を解放された上、前科もつかず、事件が会社に発覚することもなく、日常を取り戻すことに成功しました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。