死亡事故の加害者側で約2500万円減額した事例

事例の概要

深夜,仕事終わりのAさんが帰宅するため自動車を運転していたところ,対向車線のバス停に停車するバスの影から飛び出してきたBさんに衝突してしまいました。高齢のBさんは頭を地面に強く打ち付け,意識を失った状態で緊急搬送されましたが,その数時間後に亡くなってしましました。Bさんの遺族はAさんに対して裁判を起こしたため,Aさんは当事務所に裁判の対応を依頼しました。

解決までの流れ

Bさんの遺族は,治療費,慰謝料,逸失利益などの損害を主張し,事故の責任はすべてBさんにあるとして,約5000万を請求しました。そこで,当事務所は,高齢であるBさんの生活状況を調査し,成人女性と比べ家事労働に従事した程度は小さいこと,年金収入は生活費控除されるべきこと主張しました。また,事故現場とBさんの自宅周囲の状況を調査し,Bさんは近くの横断歩道を渡ることができたことを指摘しました。その結果,裁判所はAさんの主張を採用し,Aさんに有利な和解案を提示しました。Bさんの遺族はすぐに納得できませんでしたが,その後も和解交渉を重ね,最終的にはAさんが2500万円を支払うことで和解が成立しました。

コメント

死亡事故では損害額が数千万円以上の高額なものとなりますので,些細な事情でも結論に大きく影響します。刑事記録や調査会社の調査結果を慎重に検討し,被害者側の事情を加味して適切な反論を行う必要があります。今回のケースでは,被害者に過失があることを上手に指摘することができましたので,結果的に,適正な金額で解決することができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。