遺言書のない兄弟間の遺産分割紛争において約1000万円獲得した事例

事案の概要

Xさんは母親が亡くなったので兄のYさんと遺産分割協議をしようと思いましたが,Xさんは亡くなった母親と何年も疎遠だったので,母親の遺産についてまったく把握していませんでした。

XさんはYさんに遺産の内容を尋ねましたが,Yさんは何も残っていないの一点張りで,遺産分割協議は一向に進展しませんでした。困ったXさんは,今後のことについて,当事務所の弁護士に相談しました。

解決までの流れ

Xさんから相談を受けた弁護士は,まず,遺産の内容を調査して預金と自宅不動産があることをつきとめました。

預金については,母親(被相続人)の生前にほとんど引き出されてしまっており,遺産として残っている金額はごくわずかでした。一方,不動産は現在Yさんが居住していましたので,その分割方法について,Yさんと協議をする必要がありました。

弁護士は,遺産が残っている事実をYさんに伝え,自宅不動産の分割方法について何度も話し合いを重ねました。当初,Yさんは自宅を離れることを拒んでいましたが,弁護士と面会を重ねるうちに心を開いてくれるようになり,最終的には自宅不動産を売却してXさんとYさんで折半することで了解してもらうことができました。

ただし,Yさんは高齢で自宅不動産を手放したとしても次の引越先を自力で見つけることは困難でした。そこで,弁護士は不動産屋を手配し,自宅不動産売却とYさんの転居先の確保に務めました。その甲斐あって,受任から半年程度で,自宅不動産の売却やYさんの転居を完了させることができ,Xさんは約1000万円を受け取ることができました。

コメント

遺産分割にあたっては,相手方が法定相続分を無視した内容の提示をしてきたり,相続財産を隠したりする場合が多くあります。そのような場合には,弁護士が,財産の調査を行い,遺産の時価額の査定を取ることによって,遺産の額を確定する作業を行います。

相手方との協議の中では,相手方の言い分の正当性と,こちらの言い分の正当性を吟味し,相手方の理解を得ながら,遺産分割に向けて一つ一つ障害を取り除いていく必要があります。複雑な利害関係が関わることが多い相続事件では,弁護士が入ることで,適正な取得額を明らかにでき,また,弁護士が相手方にしっかり説明をしていくことで,遺産分割の早期解決を図ることができます。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。