強制わいせつの被害者が慰謝料300万円を獲得した事例

事案の概要

飲食店に勤務するAさんは,ある日,勤務先オーナーのBさんに店の控室に呼び出されました。すると,Bさんは下半身を露出し,Aさんに自慰行為を見せて,「パンツ見せて」などと要求してきました。突然のことに驚いたAさんは,その場から立ち去り,すぐに警察に被害を訴えましたが,警察は捜査に動いてくれませんでした。Bさんを許すことができなかったAさんは,どのように損害賠償請求すればよいのかわからなかったので,当事務所にご相談くださいました。

解決までの流れ

Aさんから事情を聴いた当事務所の弁護士は,すぐにBさんに内容証明を送付し,Bさんの行為が強制わいせつ罪にあたること,Aさんは甚大な精神的苦痛を受けたことを伝え,慰謝料300万円の支払を請求しました。

すると,Bさんの代理人弁護士から連絡があり,事実関係の詳細は否定するものの,解決金として100万円を支払うと提示してきました。

そこで,弁護士は,事件後,一度BさんはAさんが主張する事実関係を認める発言をしていること,Bさんの弁解は不自然な点が多々あることを指摘し,改めて慰謝料300万円の支払を請求し,和解が出来ない場合は刑事告発も辞さない旨伝えました。

その後も,何度か交渉が続き,当事務所の弁護士が粘り強く説得したところ,最終的には,請求金額満額の300万円で和解が成立しました。

コメント

刑事事件の被害に遭われた方は,心身ともに深く傷ついた状態であるにもかかわらず,警察に被害を訴えたり,加害者に損害賠償請求したりなど,今後の対応を判断しなければならない立場におかれます。被害に遭った後の対処は,犯罪のパターン,被害の大きさなどによって,どのような解決・対処が可能なのか大きく異なってきます。法律の専門家である弁護士が,被害者の立場に立って,損害賠償請求や刑事告訴など,とり得る手段を適切にアドバイスします。期間に制限のある手続もありますので,できるだけ早めにご相談ください。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。