婚姻継続のまま不貞相手から慰謝料300万円を獲得した事例

事案の概要

ドライブデート中に交通事故の被害に遭ったことがきっかけで、Aさんの妻が職場の男性と不貞行為をしていたことが発覚しました。Aさんの妻は不貞の事実を認め、写真やLINEの履歴等をすべて開示しましたので、不貞を立証するには十分な証拠が揃っていました。不倫相手のことを許せないと怒りを感じたAさんは、慰謝料の支払を求めたいと考え、当事務所にご相談くださいました。

解決までの流れ

弁護士はさっそく不貞相手に内容証明郵便を送り、不貞の証拠があること、Aさんは不倫を繰り返す不貞相手に強く憤っていることを伝え、慰謝料300万円の支払を求めました。当初、不貞相手は、不貞行為自体については認めたものの、慰謝料の金額については100万円を超えては支払えないという態度でした。そこで弁護士は、不貞期間の長さやAさんの子に及び影響等、Aさんが被った損害の大きさを繰り返し主張し不貞相手を説得しました。また、金額だけでなく、今後不貞相手が妻と面会しないこと、妻に求償請求しないことも併せて要求し、不貞相手と交渉を重ねました。その結果、不貞相手が慰謝料300万円をAさんに支払い、その他の条件もAさんの要求を概ね実現する内容で合意に至りました。

コメント

今回のように、不貞発覚後も配偶者とは離婚せず、不貞相手だけに慰謝料を請求したいと考えている方も多くいらっしゃいます。弁護士にご依頼いただければ、慰謝料請求はもちろん、不貞相手が配偶者への求償権を放棄するなどの取り決めを行うこともできます。また、慰謝料の請求だけでなく、早期に事態の解決を目指すことも可能です。不貞慰謝料請求で検討すべきことは慰謝料の金額だけではありませんので、専門家である弁護士の助言を受けることをお勧めします。まずは当事務所までご相談ください。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。