浮気をした妻と浮気相手に訴訟を提起して慰謝料140万円を獲得した事例

事案の概要

Aさんは,妻に浮気の疑いがあったため,探偵に調査を依頼したところ,職場の同僚との交際が発覚しました。Aさんは妻に調査結果を突き付けましたが,妻は浮気を否定するどころか,Aさんからモラハラを受けたと主張し暴言を吐きました。Aさんは妻との離婚を決意し,妻と浮気相手に慰謝料を請求しましたが,2人は浮気を一切認めませんでした。Aさんは妻と浮気相手に訴訟を提起するため,当事務所に依頼しました。

解決までの流れ

探偵の調査報告書には,妻が浮気相手の自宅で夜を過ごしている様子や路上で抱擁している姿が明確に記載されていました。また,Aさんは妻と浮気相手のLINEのやり取りを写真で保存していたため,2人が不貞関係にあることを立証するには十分な証拠が揃っている状況でした。当事務所の弁護士は,すぐに訴訟提起し,不貞慰謝料と探偵に支払った調査費用を請求しました。訴訟では,妻と浮気相手は不貞行為を否定し,仮に不貞があったとしても婚姻関係はすでに破綻していたと反論してきました。そこで弁護士は,調査報告書とLINEの内容の具体的に指摘し,2人が不倫関係にあることを経験創に基づき主張しました。また,Aさんと妻のLINEのやり取りも提出し,不倫期間中も夫婦で旅行に出掛けたり,妻がAさんに愛情表現している点を指摘し,婚姻関係は破綻していなかったことを主張しました。

その結果,裁判所はAさんの請求を認め,慰謝料と調査費用の一部として約140万円の支払を命ずる判決が出ました。

コメント

今回のケースでは,依頼者が事前に探偵に依頼して不倫の客観的な証拠(調査報告書)を入手した状態でご依頼いただきました。相手方が不貞の事実を否定する場合,証拠の有無が重要ですが,証拠があったとしても,不貞を推認させる具体的事実を的確に主張立証しなければなりません。この作業は法律の専門的知識が必要な場合もありますので,弁護士の力を借りることをお勧めします。証拠の集め方だけでなく,証拠の使い方も大事なポイントですので,不貞慰謝料請求をお考えの方は当事務所までご相談ください。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。