W不倫をした女性が,相手方の妻と和解できた事例

事案の概要

Xさんは既婚者でしたが,同じ職場の既婚者Yさんと不貞行為に及び,いわゆるW不倫の関係になりました。Yさんの妻であるZさんに不倫の事実を知られてしまい,Xさんは,Zさんから慰謝料を請求されたため,Xさんは当事務所へ相談に来られました。

解決までの流れ

Zさんは,法外な慰謝料を請求するだけでなく,不倫の事実をXさんの家族に伝えると言っており,Xさんは困惑していました。当事務所の弁護士は,受任後,すぐにZさんと接触し,話し合いを重ねました。弁護士は,不倫をされてしまったZさんの心情にも配慮し,丁寧にZさんの言い分を聞き取るなど,真摯に話し合いを進める中で,Zさんは次第に態度を軟化させていきました。

このような話し合いの結果,XさんはZさんに適切な解決金を支払う一方で,ZさんはXさんが不倫をした事実を周囲に漏らさないことを誓約し,和解が成立しました。

コメント

不倫をした場合,相手方の配偶者から慰謝料を請求される場合が多々あります。相手方の配偶者は,不倫をされているわけですから,心情的にも攻撃的になり,請求される慰謝料も法外なものとなるケースが多いです。

そのような場合,弁護士を間に入れることで,相手方配偶者の心情にも配慮し,冷静に話し合いを進め,適切な慰謝料の支払いや,その他の条件を合意することが可能になります。

Xさんは,当事務所の弁護士を活用することで,満足の行く結果を得ることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。