就業規則のリーガルチェックをした事例

事案の概要

会社経営者のXさんは、顧客から、従業員のYさんが副業をしていることを指摘されました。XさんがYさんに問い質したところ、Yさんは副業をしていることを認めました。

Xさんとしては、Yさんに副業をやめてもらい、自身の会社で勤務を継続してもらいたかったのですが、就業規則に副業禁止の規定はありませんでした。

困ったXさんが当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

当事務所の弁護士は、Xさんから事情を聞き取った後、Yさんとのトラブルは、会社の就業規則に副業禁止が規定されていないことから、経営者と従業員との間で副業についての認識に齟齬があることが原因であると考えました。また、会社の就業規則は、Xさんが起業した際にXさん自身がサンプルを参照して作ったものであり、専門家のチェックがなされてはいませんでした。

そのため、弁護士は、Xさんの会社の就業規則全体の見直しを行った上で、就業規則に副業禁止の規定を盛り込みました。

コメント

インターネットや書籍を利用すれば、就業規則は、誰にでも簡単に作れます。トラブルが起きなければそれで足りるかも知れませんが、一度トラブルが生じたり、生じそうな恐れがあった時、その就業規則が期待通りの役割を果たしてくれるとは限りません。

紛争を熟知した弁護士が、就業規則をチェックすることで、従業員との間のトラブルを未然に防ぐ形で会社経営をすることができます。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。