不貞慰謝料150万円を認めさせ、離婚できた事例

事案の概要

Xさんは、妻であるYさんの不貞を知り、離婚を決意していましたが、慰謝料の金額や、財産分与、養育費の負担などを巡り、話し合いが難航していました。困ったXさんが当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

当事務所の弁護士は、すぐにYさんの代理人と交渉を始めました。

Yさんの代理人は、Yさんに不貞があった事実は認めたものの、慰謝料の減額を試み、また、養育費や婚姻費用の請求をし、財産分与をすることを要求してきました。

しかし、当事務所の弁護士は、不貞行為が悪質であることを主張して減額の提案を飲まず、財産分与を行わない方向で話を進めました。

そうした交渉の結果、Yさんは、財産分与を請求しないこととした上で、慰謝料として150万円を認める一方、この150万円から養育費等を差し引いた30万円をXさんに支払うことで和解に応じました。

コメント

夫婦間での不貞慰謝料請求は、財産分与等の法律上の問題も絡み、複雑です。弁護士を間に入れることで、そうした問題について的確なアドバイスを受けつつ、交渉することできます。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。