請負工事代金900万円を全額回収した事例

事案の概要

内装工事業者であるA社は、施主B社、元請C社、孫請D社として内装工事をD社から受注しました。ところが工事途中、D社はB社の指示を受けて、工事の中止を求めました。A社が出来高900万円の支払を要求したのに対して、Dは言を左右にして代金を払おうとしません。A社は代金の回収を当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

当職らはD社社長を呼び出し、即時支払がなければ仕掛中の工事を中止すると繰り返しました。C社は当職らとの面談を拒否しました。そこで、施主B社の担当部署に電話をして、C社に対して支払指示をしてもらいたいと申し入れました。その結果、900万円のうち660万円をC社が、240万円をD社が支払うという和解が成立し、A社は工事代金900万円を全額回収することができました。

コメント

内部事情は分かりませんが、こちらの請求(苦情)がB社のトップに届いたことがC社の支払を促し、早期の解決につながりました。A社が担当者レベルでやり合っていては、いつまで経っても回収に至らなかったでしょう。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。