既婚者である依頼者が、異性との関係を清算できた事例

事案の概要

Xさん(既婚・男性)は、もともと仲の良かったYさん(独身・女性)とデートをした後、個室でYさんの身体を触る等しました。

Xさんが既婚者であると知ったYさんが、Xさんに対して損害賠償の請求をしてきたため、困ったXさんが当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

当事務所の弁護士は、XさんからYさんとの関係性について聴取を行った上で、すぐにYさんと連絡を取りました。

弁護士は、Yさんの言い分にも耳を傾けつつ、本件が訴訟になった場合にYさんが獲得できると見込まれる金額等についても説明する等して、話し合いを重ねていきました。

そうした結果、XさんがYさんに一定の金銭を支払い、関係を清算する内容の和解が成立しました。

コメント

既婚者が他の異性と親密な関係を持つと、トラブルが生じる可能性があります。そうした場合、類似の事件の取扱い経験がある弁護士が間に入ることで、早期かつ穏便にトラブルの解決を図ることができます。

Xさんは、当事務所に依頼することで、満足する結果を得ることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。