貞操権侵害に基づく慰謝料として100万円を賠償した事例

事案の概要

独身のAさんは、出会い系サイトで知り合ったBさんと交際を始め、交際期間は1年半に及びました。実はBさんは既婚者であるのに、そのことを伏せて関係を続けました。

Aさんは、Bさんの煮え切らない態度に疑問を感じ、ふとしたきっかけでBさんが既婚者であることを知りました。BさんはAさんに問い詰められ自分が既婚者であることを認め、その場で謝罪しました。

その2日後、Bさんの許に慰謝料200万円を請求するEメールがAさんの代理人から届きました。Bさんは応分の責任は取るとして、当事務所に示談交渉を依頼されました。

解決までの流れ

当事務所はAさんの代理人に対して、相応の慰謝料を支払う意思があること、ただし、結婚を餌にして取り入ったような事実はないことを伝えました。

当事務所は当初50万円の支払を提示しましたが、Aさんの代理人の了解は得られませんでした。感触では、100万円であれば示談は成立すると思われました。そのことをBさんに伝えると、Bさんは誠意をもって償いたいと100万円の支払を了承しました。

その後の交渉は支障なく進み、BさんのAさんに対する謝罪、解決金100万円の支払を内容とする和解が成立しました。

コメント

解決金額100万円はいわゆる相場の中では高額の方ですが、本件では、Bさんが自身の責任を重く受け止め、Aさんの要求に応えようとしたことからスムーズな解決に至りました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。