依頼者が未払賃金を回収できた事例

事案の概要

XさんはY社で勤務していましたが、Y社から数か月分の賃金が支払われなくなりました。
困ったXさんは当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

当事務所の弁護士は、Y社がXさんに対して賃金を支払わない正当な理由がないこと、Y社はXさんに賃金を支払えない程に経済的に逼迫している状況もないこと等を確認しました。
弁護士はY社に対して賃金の支払を求めましたが、拒否されたため、裁判所に対し債権の差押命令を求める申立てを行いました。
裁判所は当方の主張を認め、差押命令を出したため、Xさんは、Y社の預金から強制的に賃金を回収することができました。

コメント

勤務先から賃金が支払われない場合、まずは弁護士にご相談ください。弁護士に依頼することで、早期に賃金の回収をすることが可能になります。
Xさんは当事務所に依頼することで、満足する結果を得ることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。